ウッドデッキ作りの道具

ウッドデッキを組み立てる前には、塗装をしておく必要があります。これに加えて、曲線を切断できるジグソーや、木材の面取りのできるサンダーがあると、より作業が楽になりますよ。小分けしておくペール缶があると便利です。塗装には塗料の他に、ハケや、塗料の入れ物も必要です。「電動丸ノコ」も便利です。 塗装道具も必要ですね。この他に、水平をとるために使う水準器、メジャー、サンドペーパー、さしがねも必要です。充電式とコード式があって、価格は1万円前後ぐらいからです。さしがねは、直角を計るためのL字型定規です。「インパクトドライバー」は必携です。 お店で実際に手にとってみて、自分が使いやすそうなものを一番に選んでくださいね。小型で軽量で女性にも扱いやすく、軽い力でビスを廻せるためにとても重宝する工具です。ウッドデッキ作りは、大きな木材を扱うことになるので、初心者の人や、女性でも楽に作業するためには、電動工具が便利です。電動工具の補助的な役割を果たす、手工具も必要ですね。また、ウッドデッキのメンテナンスに必要な場合があるので、用意しておくと良いですね。 道具を買いそろえると、さあ始めるぞ!とやる気が出てきますよね。木材の切断に使うのですが、取り扱いには十分に注意してくださいね。45度の線を引いたり、円をかいたりすることもできますよ。また、木材に細かな調整をするノミもあると便利です。ウッドデッキを手作りするには、専用の道具が必要ですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。