手作りウッドデッキ(現場チェックと採寸)

建物の床の高さ、開口部の位置やサイズ、水切り線の高さも知っておくと良いですね。忘れずにチェックしておきましょう。地盤が柔らかい場合は、基礎石の下に砕石を敷いて、突き固めておく必要がありますし、地面が固かったり、コンクリートだったりした場合には、簡単な基礎石だけでも十分です。良いウッドデッキを作るためには、施工前の念入りな現場チェックと採寸はとても大切なポイントになります。 自分の庭に合ったウッドデッキを手作りしたいと思ったら、まずはデザインを決めることから始まります。家族で希望を出し合って、大体のイメージが決まったら、次はウッドデッキを施工する現場の状況をしっかりと把握しておきましょう。ここでアバウトに計ってしまうと、変な段差ができてしまったり、部品がはまらなくなってしまったりします。また、現場が平らになっているか、荒れていないか、必要であれば、地面をならしておく必要がありますし、雑草は抜いておかなければなりません。 しっかりと行っておきましょう。また、ウッドデッキを施工しようとしている近くに水栓や排水升、室外機などがある場合は、位置の確認をしておく必要があります。場合によっては、陽の当たり方や、隣家からの視線なども確認しておいた方が良いかもしれませんね。 現場の採寸も重要です。また、大きな樹木などが邪魔になりそうなら、植え替えておく必要もありますね。ウッドデッキを作った後に、水栓が使いづらくなったり、手が届かなくなってしまったりしたら大変ですよね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。