ウリン材のデメリット

ウリンに含まれているポリフェノールには、抗菌作用があるため、害虫を寄せ付けずに腐食防止するという大きな効果があるのですが、半面、このポリフェノールが溶け出して、コンクリートや地面を汚してしまうのです。育てるのにとても時間がかかるので、伐採の規制があるのです。まず1つめに、ウリンに含まれているポリフェノールが、雨水などによって染み出てきて、ウッドデッキの下地を汚す事があるということです。最強の木材と呼ばれ、水に強く、耐久性に優れているウリン材は、ウッドデッキなどに使えば防腐剤などの塗装をする必要がなく、メンテナンスの必要がないために人気の木材です。また、木口面に撥水剤や保護剤を塗っておくと、大半は防止できますよ。 付いてしまった汚れは気になりますが、水洗いとブラッシングで、ある程度は綺麗になります。また、ウリンは他の耐久性のある木材より少し高めです。まだ気になる時は、キッチンハイターを使ってブラシでこすると綺麗にとれますよ。2つめの欠点として、ウリンはとても硬くて重い木材なので、加工に手間がかかるということです。 欠点といえる店は、ほとんどないウリンですが、いくつかあげてみましょう。その他に、ウリンは供給が少ないという点があります。職人さんでも、手こずってしまうほど、重くて扱いにくく、複雑な加工は大変です。桟橋やレジャー施設など、人が集まる場所によく使われていることからも、その耐久性の高さがうかがえますね。 自分で手作りでと考えている人は、できるだけ材料を短くするなどして対策しましょう。ですがポリフェノールは人体に影響はなく、たいてい2、3ヶ月したら樹液が全て出てしまうので、その後は落ち着きます。ですが、ウリンは防腐剤などを塗る必要がないので、それらのことを考えると同じ程度になるかもしれません。メンテナンスにかかる費用や手間を考えると、一生ものとして使えるウリンはむしろ安く感じるかもしれませんね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。