ウッドデッキ「ウリン」

塗装しなくても良い色合いを保ち、耐久性に優れて、メンテナンスの必要がないウリン。ワインで有名なポリフェノールですが、ポリフェノールには強い抗菌作用があって、これを多く含んだウリンは、シロアリやバクテリアの繁殖を防ぎ、腐ることがありません。ウリンはディズニーシーのウッドデッキや、松山空港の展望台・遊歩道、横浜ベイサイドマリーナの浮桟橋など、多くの重構造物の重要な箇所に使われています。ウッドデッキに必要な性能は、何といっても耐久性ですよね。 半永久的なものといえますよ。もともと赤茶色のウリンは、塗装をしていなくても良い色合いで、その色はだんだん深みのあるこげ茶へと変わり、味わい深いものになっていきます。「鉄の様に強い」 という意味から、「アイアンウッド」と呼ばれていることもあります。また、防腐剤などを使わなくても、腐ることがなく、ささくれなどの心配もないので、健康面でも安心です。 ウッドデッキに使われる木材には多くの種類がありますが、その中でも「最強の木材」と呼ばれるものは「ウリン」です。ボルネオ島では「生涯腐らない木」といわれていて、水に対する耐久性がとても強いのが特徴です。また、ポリフェノールは、太陽の光や、酸素、水によって、色に深みを出していきます。ウリンはボルネオ島にのみ生息するクスノキ科の木材です。 ウリンの耐久性の秘密は、ウリンに含まれているポリフェノールです。水に強く、耐久性に優れているウリンなら、メンテナンスの必要はありません。小さなお子さんやペットがいるお家では、重要なポイントですよね。ウリンはウッドデッキの木材として最適な木材であるといえますね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。