ウッドデッキの塗装に必要な道具類(2)

古くなったタッパーなど、身近にあるものを代用すると良いですね。「ウマ」と呼ばれているものです。必ず、「耐油」と書かれているゴム手袋を使ってください。塗装をする時以外にも、道具を置いたり、材料を置いたり、使い方は様々です。塗料を付けたくない箇所に貼っておく、マスキングテープもあると便利です。 ウッドデッキと長くつきあっていくためには、欠かすことのできない塗装ですが、塗装を始める前に準備するものは、塗料やウエス、ハケの他にも色々ありますよ。塗装をする木材を載せる作業台も必要ですね。時間がたってしまうと、テープ付近の塗料がはがれてしまったり、テープが取りにくくなったりしてしまいます。はっきりは分かりませんが、4本足の台です。塗装を始める前に、ウッドデッキの表面をチェックしておきましょう。 特に、油性塗料を使う場合は、普通の家庭にある、食器洗い用のゴム手袋は使わないでくださいね。専門の容器もホームセンターなどで売っていますが、自分が使いやすければどんな容器でもOKです。塗料を入れるための、入れ物も必要です。その他に、脚立などを利用して代用しても良いですが、安定性のある、しっかりした台を使ってくださいね。組み立て式のウマもありますが、ウマを組むための、専用の金具も売られています。 ホームセンターなどで、貸し出しをしているところもありますので、利用してみてくださいね。全面にかけたい場合は、電動やすりもありますよ。専用金具で作ったあとは、作業後にばらしておけるので良いですね。ゴム手袋も必要です。塗料がある程度乾燥してきたら、早めにテープは取っておいてくださいね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。