ウッドデッキの塗装に必要な道具類(1)

使用する前に、1つ注意することがあります。平筆のような形をした一般的なハケがあれば良いですが、広い面積を一気に塗ることができるコテバケ、塗る部分がローラーになっていて、ハンドルを使って転がしながら塗るローラーバケなど、ハケには色々なものがあります。新品のハケは、細かい毛が出てきます。自分のスタイルに合った塗料を選んでくださいね。まずは塗料が必要ですね。 油性、水性、ステインタイプ、ペンキタイプと、ウッドデッキに適している塗料は色々あります。塗料をたっぷり染みこませて、雑巾がけのように使います。実際に手にとって、使いやすいものを選んでくださいね。塗装には、色々な道具が必要です。塗料を塗るための道具も必要ですね。 塗装を始める前に、しっかり準備しておきましょう。ウッドデッキをより長く、快適に使うためには、塗装は欠かせないことですね。ハケを想像しますが、ウッドデッキの広い部分、床などの塗装には、ウエスの方が効率が良いです。用途に応じて使い分けても良いかもしれませんね。しっかりとほぐして、細かい毛を落としてから塗料をつけるようにしてください。 一言にハケといっても、ホームセンターに行くと様々なハケがあります。古くなった綿シャツなどを利用すると良いですね。ウエスで塗ることができない、フェンスなどの細かい部分には、ハケを使います。初心者の人には、メンテナンスのしやすいステインタイプが良いかと思いますが、センスの出るペンキタイプも人気があります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。