ウッドデッキの塗料

ウッドデッキには欠かせない塗装。ペンキタイプは、ニスやペンキのように、表面に被膜を作って木材を保護する塗料です。ステインタイプは、浸透性塗料とも呼ばれ、色素が木材に染みこんで着色するので、木目を生かした仕上がりになります。塗りなおす場合は、前の塗装を全て落としてからでないと、再塗装することができません。水性なら、乾燥前なら簡単に落とすことができますが、油性の方が、伸びが良く、比較的持ちが良いといった長所があります。 塗料には、水性と油性があって、それぞれにステインタイプとペンキタイプがあります。油性と水性では、どちらでも良いですが、ウッドデッキ塗料としては油性塗料が一般的で「キシラデコール」という塗料が定番といわれています。ウッドデッキの塗装には、「外部性木部用塗料」という塗料が使われることが一般的です。白やグリーンなど、様々な色があるので、普通のウッドデッキとは少し違った、個性的な仕上がりになりますが、時間が経つと、剥離が生じてきます。 再塗装する時も、上から重ね塗りすることができ、初心者でも簡単に綺麗に仕上げることができます。ですが、油性の場合は塗料が別のところに付いてしまった場合、シンナーでふき取らなくては落ちません。そういった、人にも環境にも優しい塗料を選べば、安心して塗装することができますね。小さなお子さんや、ペットがいるお家では、塗料が心配だと思いますが、環境に配慮した、私達の体にも害のない天然素材の塗料「オスモカラー」、「カルデット」などもあります。 耐久性が高いウリンなどのハードウッドは、塗装は不要だといわれていますが、ハードウッドも退色していきます。メンテナンスのことを考えると、ステインタイプがお勧めです。どちらが良いとは言えませんが、初心者の人には、水性タイプの方が扱いやすいかもしれませんね。美しい状態を保つためには、やはり塗装は必要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。