ウッドデッキを長持ちさせるには?

長期間の耐久性を求めるなら、多少お金がかかっても、耐久性のある木材を使った方が、あとから腐ってしまって作り変える心配はありませんよ。見た目重視で、複雑な構造にすると、雨水が溜まってしまったり、風通しが悪くなったりする場合があります。ウッドデッキを作る時点でも、いくつかのポイントがありますよ。まず、腐りにくい木材を選ぶということです。お洒落なデザインも素敵ですが、風通しが良く、乾きやすい構造にすることが一番です。 塗装が必要な木材を利用した場合は1、2年に1回は塗装してください。また、塗装をしなくても耐久性があると言われている木材を使用した時も、塗装した方がより美しい状態で保つことができます。ウッドデッキを長持ちさせる、最も大切なことは、やはりメンテナンスです。木材は、種類によって耐久性が違います。 最近はお家に家族の憩いの場であるウッドデッキを取り付ける人が多くなってきました。ささくれが生じた時は、すぐにペーパーで削ってくださいね。また、ウッドデッキ上でガーデニングを楽しむのは素敵ですが、長期間にわたり、同じ場所にプランターを置いたり、掛けたりすることはウッドデッキを傷める原因になってしまうので、避けるようにしてくださいね。価格が安い木材は、それだけ耐久性がないということです。 ウッドデッキをより良い状態で長持ちさせるためには、どんなことに気をつけたら良いのでしょう。ウッドデッキのデザインを決める時も注意しましょう。ウッドデッキを作るには、それなりにお金もかかりますし、自分で手作りする場合は、かなりの時間と手間もかかりますよね。水に弱く、腐りやすいものもあれば、塗装をしなくても耐久性のある木材もあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。