ウッドデッキの塗装の仕方

より美しい状態で長持ちさせるためには、やはり定期的な塗装をした方が安心です。どうしても自信がないという人は、専門の業者さんにお願いしてしまうという手もありますよ。まず、水洗いをして簡単に汚れを落としてよく乾かします。紫外線を受け続けていると、退色して、反りや割れも生じる場合があります。その後、塗装が乾けば終了です。 ウッドデッキをより良い状態で長持ちさせるためには、メンテナンスが大切です。十分に乾いていないと、塗装しても塗料が中まで染みこみまずに、乾いている部分とのムラが出ますので気をつけてくださいね。塗装なんて、何だか大変そう・・と思う人も多いと思いますが、やってみれば意外と簡単ですよ。塗装する時は、天気の良い日を選びましょうね。 ウッドデッキのメンテナンスの中でも大切な塗装は、1年に1回は行いましょう。塗装をしなくても耐久性があるから大丈夫、というウリンやイペなどの高価な木材もありますが、木は生きている自然な素材です。塗装用の手袋をはめて、ハケやウエスに塗料をたっぷりと染みこませて、ウエスの場合はゾウキンがけのように丁寧に塗っていきます。塗装した後の余分な塗料は、ウエスで拭きとっておくと、綺麗に仕上がりますよ。 塗料が乾きやすいですし、その方が気持ちが良いですよね。ササクレがある場合はペーパーなどで削り落としておきます。表面が整ったら、いよいよ塗装です。上手にメンテナンスをして、ウッドデッキと末永く付き合っていってくださいね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。