人工木ウッドデッキ

ウッドデッキといえば、天然の木で作られたものを想像しますが、人工の木材を使用したウッドデッキもあることをご存知でしたか?天然の木は、皆が知っているように、優しい温もりがあり、私達を癒してくれますね。真夏は熱く、真冬は冷たくなってしまい、素足で歩くのは少し困難かもしれません。ウリンやイペなど、耐久性に優れていてメンテナンス不要という木材もありますが、紫外線による色の退化は防ぐことはできません。ただ、やはり人工木。 環境にも優しいところも大きな魅力ですね。人工木材は、木の粉を入れるなどして天然木の味わいを持たせた樹脂を使って、作られたものです。見た目的は木に近づけて作られていますが、感触や風合いは、天然木と全く同じとはいえません。ですが、やはり自然素材なので、時間の経過と共に劣化していくのは防ぐことはできません。 美しい状態で保つには、塗装など、メンテナンスをしてやる必要があります。こうした木材の劣化の心配をする必要なく、安心して使えるウッドデッキの材料として、人工木材があります。その魅力は、何といっても耐久性で、メンテナンスをしなくても、腐食や色あせの心配をしなくてもよい、という点です。 ウッドデッキには人工木を、と考えている人は、実際にショールームなどでその素材感を確認してから使用するようにしてくださいね。廃材からとった木の粉と、廃プラスチックなどを加工して作られたリサイクル素材で作られているものもあります。また、天然木に比べて、デザインの幅が広がるといった点も魅力の1つです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。