ウッドデッキの設計図

作業をスムーズに、効率良く進めるために、設計図は必ず必要なものです。設計用ソフトや、方眼紙を使い、きっちりと作成しても良いですが、手書きでも構わないですよ。手作りすれば、自由にデザインができ、愛着のあるウッドデッキになりますが、手作りするには、施工前に色々と準備が必要です。大体のイメージはつかめているから、設計図は必要ないかな・・・なんて思わないでくださいね。 ちょっと大変そう、と思う人もいるかもしれませんが、設計図は自分なりに、分かりやすく書けていればOKです。根太伏せ図は、ウッドデッキの大切な基礎の部分ですので、忘れずに書いておいてくださいね。もちろん、正確に書かれていればいるほどイメージがつかみやすいですが、神経質になることはありません。設計図には、ウッドデッキを真上から見た平面図、正面から見た正面図の他に、根太や沓石の位置を記した根太伏せ図も必要です。 作業を始めてから木材が足りなくなった、という問題が起こらないように、設計図はしっかり書いておきましょう。その中でも忘れてはならない重要なことに、設計図製作があります。施工する時に近くに置いておくと、確認しやすく、作業がスムーズに運びますよ。まずは簡単に全体のスケッチを書いて、設置する場所を計測しながら、寸法を決めましょう。 作業の手順を確認するだけでなく、木材と資材を、どれだけ調達しなければいけないか、計算する時にも役立ちます。書いた設計図は拡大コピーをしておきましょう。最近では、DIYブームで、ウッドデッキも手作りしたい!という人が増えてきましたね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。